人気ブログランキング |

番外編 北海道へ。

夏のお仕事も一段落したので、9月の後半にちょっとだけ北海道に行ってきました。手違いで一泊しかできなかったのですが、北海道にいる知合いの人に案内してもらったので有意義に過ごすことができました。

詳細はこちらです・・・
# by mapdesign | 2008-10-15 00:06 | 活動日誌

極上ワイナリーの旅

c0141005_2238224.jpg


交通新聞社さん発行のトラベルムック「極上ワイナリーの旅」の地図を作成させていただきました。各ワイナリーのアクセスマップと勝沼ぶどう郷の地図を作りました。

この本は、「のんびり列車で行くワイナリーの旅」の章で中央線、しなの鉄道、山形新幹線沿線のワイナリーを、「いちどは行ってみたい日本のワイナリーガイド」で日本各地のワイナリーを紹介しています。北は北海道から南は九州まで本当に日本全国にワイナリーってあるんですね。

あたりまえの話ですがワイナリーは、どこもとても環境のよいところにありますので、この秋の連休をつかってワイナリーの旅を楽しむのにもってこいの本になっています。ワイナリーの様子やワインと一緒に楽しむおいしい料理も紹介してあって、行ってみたくなります。とりあえず近くの天橋立ワインや河内ワインに行ってみようかな。


勝沼ぶどう郷めぐりの地図はこんな感じです。
c0141005_22571670.jpg




極上ワイナリーの旅(詳しくはこちら
発行:交通新聞社
定価:1,500円(税別)

アマゾンでもご購入いただけます。
極上ワイナリーの旅 (トラベルムック)
# by mapdesign | 2008-10-14 23:01 | お仕事紹介

お昼の京都本

c0141005_2028453.jpg


京阪神エルマガジン社さんから発行のミーツ・リージョナル別冊「お昼の京都本」の地図を担当させていただきました。巻頭のマップと京都ひるげ地図のところの地図などを作りました。

この本は、ジャンル別、シチュエーション別にたくさんのお店のランチを紹介していますので、京都の昼食でお困りの方はぜひどうぞ。大阪などから京都によく来られる方にぴったりの一冊になっていると思います。


巻頭のマップはこんな感じです。
c0141005_2033958.jpg



ひるげ地図のページはこんな感じです。
c0141005_20333853.jpg



お昼の京都本(詳しくはこちら
定価:680円(税込)

アマゾンでもご購入できます。
お昼の京都本―今日、困らない京の昼300撰。 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊)


---------
実はこの本の59ページに名前だけ登場しています。四条室町の洋食屋「亜樹」さんを紹介させていただきました。いまさら僕が紹介するまでもなく有名なお店ではありますが、ハンバーグやコロッケなどとてもおいしいお店です。日・祝日はお休みなので、平日に四条烏丸近くでランチする方はぜひ!
# by mapdesign | 2008-10-11 20:39 | お仕事紹介

c0141005_10491288.jpg


Lmagazin11月号は、「左京区特集」です。左京区というのは京都市の左京区のことで、特集の扉のリードを引用させてもらうと「他の町ではありあえない独特の磁場を感じ」ることのできるエリアです。

今回は、この左京区特集の扉のマップ、左京区びっしりMAP、SAKYOKU NEW STANDARDで使われているちっこいMAPを作成させていただきました。左京区びっしりMAPは、残暑の中、編集部の方々が左京区を隅から隅まで?調べ尽くした傑作になっています。特集で紹介されていないお店については、コメントが入っていますので地図を見て、行って見たい!と思ってもらえればうれしいです。

左京区びっしりMAPはこんな感じです。
c0141005_1110934.jpg
c0141005_11102097.jpg



それにしても、魅力的なお店がたくさんあるのでびっくりしますよ。エルマガ片手にディープな左京区ツアーはいかがでしょうか。


Lmagazin 11月号(詳細はこちら
定価:420円(税込)


Amazonでもご購入いただけます。
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 11月号 [雑誌]
# by mapdesign | 2008-09-30 11:19 | お仕事紹介

秋の味覚

c0141005_19242133.jpg


桐生の実家の母から栗が送られてきた。

実家に栗の木があるので、小さいときから栗というものは採ってきて食べるものだと思っていたので、スーパーなどで買うというのがうまく実感できない。確かに東京にも京都の街中にも栗の木はないので、食べたければ買うしかないのだが。


ということで、栗ご飯を二回して、普通にゆでて食べて、あとは甘露煮にしていただきます。ごちそうさまでした。母上ありがとう。


******
どうでもいい話だけれど、故郷から食べ物が届くと、どうしても北国の春を思いだしてしまいます。
# by mapdesign | 2008-09-23 19:30 | そのほかいろいろ

c0141005_22521754.jpg


京都の出版社Leafさんより発売の「京都街中ど真ん中」という観光ガイドのムックの地図を担当させていただきました。巻頭の全体図と中域マップとおでかけエリアのマップを作成いたしました。

このムックは前半は京都市の中心部(南北は御池通〜仏光寺通、東西は鴨川〜新町通くらい)を通りごとに取り上げています。後半は、祇園や出町柳、一乗寺、岡崎などなどのいくつかのエリアを取り上げています。タイトル通りにまさに「街中」のガイドブックです。街中だけに絞ってあるので、長い距離を移動したりせずに、ゆっくりとした観光を楽しめる気がします。いろいろな観光スポットを巡るのもいいですが、街中をじっくり観光するのもおすすめですよ。


中域マップはこんな感じです。
c0141005_23181742.jpg



エリアマップはこんな感じです。
c0141005_23194472.jpg




京都街中ど真ん中(詳しくはこちら
定価:880円(税込)


アマゾンでもご購入できます。
京都街中ど真ん中―地元発行新観光ガイド決定版 (Leaf MOOK) (Leaf MOOK)
# by mapdesign | 2008-09-20 23:26 | お仕事紹介

上賀茂神社

c0141005_1024770.jpg


先日、仕事がちょっと一段落したのでバスに乗って上賀茂神社まで行ってきました。緑たくさんでリフレッシュできました。


c0141005_10252599.jpg
c0141005_10253681.jpg



上の砂山は、「立砂」といって雷神が降臨した神山を表しているそうです。きれいに盛られています。
# by mapdesign | 2008-09-18 10:29 | 活動日誌

観月讚仏会 at 唐招提寺

c0141005_2252156.jpg

9/14(日)
知合いより唐招提寺の観月讚仏会の招待券をもらったので、唐招提寺に行ってきました。まだ暗くならないうちに中に入って、鑑真和上のお墓をお参りしてから新宝蔵前の野点に参加しました。上の画像はそのときの茶菓です。上品な甘さでおいしかったです。

野点の後は、御影堂に入って東山魁夷画伯の襖絵を見てきました。確か東京にいたときに東山魁夷展で見たことはあったような気がしましたが、この場所で見ることができて感動しました。もちろん展覧会の会場の方がライトアップされていて細部まで見ることはできましたが、この場所で見るということで別の迫力を感じました。

襖絵を見終わったころに、周りも暗くなってきて、空にお月さまがぼんやりと出てきました。


------
唐招提寺に行く前に、奈良にふらっと立ち寄って散歩をしていたら、ちょうど「采女祭」というお祭りのようで猿沢池に灯籠が浮かんでいました。

c0141005_2345222.jpg

# by mapdesign | 2008-09-15 23:05 | イベント

格致まつり

c0141005_22403851.jpg


8/31、8月も最後の夜に(旧)格致小で開催された格致まつりに行ってきました。「格致」というのは京都の学区のひとつで(京都の「学区」についてはキョースマ!の2007年秋号に詳しく書いてあります)南北は四条通と松原通、東西は西洞院通と堀川通に囲まれたエリアを指すようです。格致小は明治2年に開校して平成3年に統合のため閉校となってしまったそうです。今でも地域の人々に活用されているようで、あまり寂しい感じはしませんでした。

格致小の校庭いっぱいにテーブルや椅子が並べられていたり、地域の方のお店があったり、特設ステージでは「コロラドカクチーズ」の演奏があったりとかなり楽しかったです。
# by mapdesign | 2008-09-15 22:49 | イベント

c0141005_2224780.jpg


8/30に鹿ケ谷の法然院にて、electronic eveninng 2008「電子音楽の夕べ」というイベントがありキョースマ夏号に登場していただいた粟倉さんにご招待いただき参加してきました。

このイベントは涼音堂茶舗さんが主催していて、法然院という空間で電子音楽の演奏を聴く(感じる)というものでした。開放的なお寺の中で、お庭の蛙の鳴声や水の音などとともに電子音楽が流れなんとも不思議な体験をさせていただきました。

お庭には、灯道家の粟倉久達さんの作品が心地よく光っていました。蛍の光のようできれいでした。
c0141005_21464838.jpg


お寺の静けさや自然の音や光と、電子的な音やLEDの光がお互いに無理なく溶け合っていて、お寺という空間を上手に活かしたイベントだなあと思いました。


キョースマ!夏号(p36-37)に法然院のご住職の梶田さんと永運院のご住職の土肥さんの、お寺のイベントについての対談が掲載されています。興味のある方はぜひ読んでみてください。
# by mapdesign | 2008-09-15 21:58 | イベント