人気ブログランキング |

坊主めくり 現代名僧図鑑

c0141005_056997.jpg


研究員1号こと杉本が坊主めくりというお坊さんインタビューの連載を4月から始めました。超宗派仏教徒によるインターネット寺院「彼岸寺」という、若きお坊さんたちが運営しているサイトの中で連載させてもらっています。地図作成でマップデザイン研究室も協力しています。


どんな内容の連載か、僕から説明するのも難しいので、はじめにの文章を下記に引用させていただきます。





*****
彼岸寺をごらんのみなさん、はじめまして。
京都に住むライターの杉本と申します。

この町に住んでいると、毎日たくさんの人がお寺を見に来られます。有名な寺院では、アートとして見てもすばらしい庭や仏像、襖絵などを見ることができますし、少し町を離れた山にあるお寺の静謐さに、しばし忙しい日常を忘れるのもまた良いものです。

でも、「観光」では庭や建物、仏像など、お寺の「ハードウェア」にあたる外側の部分ばかりがクローズアップされているように思います。お寺という「場」の面白さは、お寺を預かる住職=お坊さんという「ソフトウェア(OS)」が、そのベクトルが大きく変化させるところにあります。たとえば「重要文化財の建築を後世に残したい」と保存に力を入れる方もあれば、「このお寺に来て多くの時間を過ごして欲しい」とイベントや法話に力を入れる方もあります。お寺の「現在」って、ほんとにお坊さん次第なんですよね。

観光でお寺を訪れることが「外側からお寺を眺める」ことだとしたら、お坊さんにお会いしてお話することは「内側からお寺を見る」ということだと思います。見るだけのお寺もいいけど、もう一歩踏み込んでお寺と縁を結んでみたくなった人たちに向けて、お寺の「現在」を伝えてみたいという思いから、今回この「彼岸寺」で連載のご縁をいただくことになりました。

インタビューでは、主に「お寺を開く」ということに取り組みながらお寺のあり方を模索し、俗世にいる私たちと向き合おうとされているお坊さんにお会いしていく予定です。記事を読んで「こんなお坊さん、会ってみたいな」と思われた場合は、イベントなどの機会にお寺を訪れていただければうれしいです。もしも「あのお寺のお坊さんにインタビューしてほしい」「うちのお寺にもインタビューに来てほしい」というようなリクエストがありましたら、ご一報いただければ幸いです。

「坊主めくり」というタイトルは、「お坊さんを通じたお寺紹介をしたい」という思いからつけさせていただきました。お坊さんを「めくる」なんて言い方をして叱られないかしらと、(実は)ドキドキしています。
*****

ちなみに現時点で
神さまの思し召しで出家した人/永運院住職 土肥真司さん
町に生き、子らと遊ぶ。現代の「良寛さん」/川口 良仁さん
自分の役割を"育てる"人/退蔵院 副住職 松山大耕さん
語り合いを求めて寺から飛び出した人/杉若恵亮さん

の記事がアップされております。どのお話も大変興味深いです。その他にも番外編などもあるので覗いてみてください。毎週木曜日に最新の記事がアップされるので、できるかぎり紹介していこうと思います。


坊主めくり以外にも、この彼岸寺のサイトはとても面白いので、ぜひ一度覗いてみてください。


超宗派仏教徒によるインターネット寺院 彼岸寺

彼岸寺の中心メンバーの松本圭介さんの本「おぼうさん、はじめました。」もおすすめです。
おぼうさん、はじめました。
by mapdesign | 2009-06-15 01:18 | お仕事紹介