ブログトップ

机の上で旅をしよう(マップデザイン研究室ブログ)

mapdesign.exblog.jp

カテゴリ:おやつ( 6 )

十日戎@京都恵比寿神社

c0141005_1549487.jpg


あけましておめでとうございます。
初詣やお雑煮、おせち料理の話を書こうと思っていたら、ついに七草粥まで過ぎてしまい、ついに十日戎の話から始まることになりました。今年もマップデザイン研究室をお願いいたします。

写真は、京都恵比寿神社の十日戎のときだけ売られる、「鍵甚良房」さんというの「えびす焼き(1個150円)」というお菓子です。神社の向かいの通りを少し南に下がったところにあるお店の前に鉄板を出して、まあるく小さなクレープ状の皮を焼いては、くるくるっとあんこをつつんでえびす顔を作ったはりました。アングルによって、えべっさんの顔が泣き笑いになったり、照れ笑いになったりするのが面白い。もちろん、お味のほうも美味!でした。

c0141005_1518686.jpg


今年は、混み合う時間帯をさけて夜10時ごろに宵宮に行ってみたのですが、まだまだなんのその、本殿前には長い行列ができていました。ビックリしたのは、京都水産組合さんが寄贈されたという、みごとに尾かしら付きの巨大マグロ。築地市場の競りでは、あのくらいだと数百万円で取引されていた記憶があります。不景気だからこそ、パァッと景気付けということなのかしらん。

昨年は、八坂蛭子社で福笹をもらって飾ったものの、なにぶん狭い部屋には笹が大きすぎたので今年はパス。それにしても、この飾りを見ているのはほんとに楽しいです。巫女さんが使う鈴、祝い鯛、白壁の蔵、大きな小判に千両箱……まさにお金持ちになる夢が見られるアイテムばかり。でも、いずれも1000円以上はするので買いすぎると、アイタタッとお財布から悲鳴が聞こえてきそうです。

お参りのあとは、社殿の裏手に回って壁をこんこん叩いてお願いごとを繰り返します。
えべっさんは耳が悪いので「聴こえてますか?」と確かめておくならわしなのだとか。


葵祭、祗園祭、時代祭に五山送り火と、京都にはたくさんのお祭りがあります。そして、その多くには、日本中はおろか世界中から観光客が集まってきます。祭りの規模に対して、見る人の数が圧倒的に多くなると、祭りは「参加するもの」から「見られるもの」に変質していきます。一体化してワアッと楽しむはずのものが、舞台と客席にはっきり二分化しまうんですね。

でも、十日戎や2月にある節分会は、京都の祭りの中では比較的ライブ感が保持されていて、お祭りを「見る」のではなく、祭りの空間へ入り込んでいく面白さがあり、私はとても好きです。とくに恵比寿神社のある大和大路のあたりは、お祭りの日にも地元の人が出店をしてくれたり、祗園の下町情緒にあふれています。仕事が終わったあとの舞妓さん芸妓さんが、ポクポク歩いてくる姿が、自然にうけとめられているのもよい感じ。またふだんの日にも散歩しにいきたいものです。

今年もどうぞ一年、やるべきことをきちんとして、なんとか暮らしていけますように。
不景気かもしれないけど、明るい一年にしていきたいと思います。



(研究員1号)
[PR]
by mapdesign | 2009-01-11 15:47 | おやつ

京都VS大阪? 紫野源水の生菓子とモンシュシュ「堂島ロール」

c0141005_0312388.jpgc0141005_0313417.jpg



先週、取材でうかがった紫野源水さん。
「涼一滴」という、夏の間だけ出されるそれはそれは上品なこしあんのやわらかい水羊羹が、暑さに疲れた心にも体にも、つるんとすべりこんで染みていくような、夢見心地のひとときをくれるお菓子について(長いっ)、お話をうかがいました。

で、その翌日の土曜日。
北山の府立総合資料館での調べ物に出かけたついでに、途中下車して「涼一滴」を買いにいきました。行かざるを得ないほど、食べたかったんです。まだ原稿も書いてなかったけど!

お店の人は笑いながら、「これもどうぞ」と生菓子をプレゼントしてくださいました。これがまた、なんとも繊細なうつくしさ。見た目のみならず味が「うつくしい」んです。近くにあったら、週一回は最低でも行きたいです。先輩ライターさんから「トリュフなんて目じゃない」と奨められた「松の翠」をうっかり買い忘れてしまったので、これはまた次の機会にかならず。

紫野源水さん
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/spot/sp_murasakinogensui


さらに、週明けの月曜日。
大阪の某編プロさんに打合せに伺うたびに、四六時中長蛇の列が途切れない「堂島ロール」とは、いかなる美味であろうことか……と指をくわえつて見ていたのですが、なんと!

打合せを終えて通りかかったとき(月曜日午後13時10分ごろ)、いつもの行列が雲散霧消していたのです。恐る恐る店に近づき、何気ないふりを装って店内に入り、にこやかな店員さんに聞いてみました。

「堂島ロール、まだありますか?」
「はい、あります!」
「じゃ、じゃあ、ひとつください!」


某編プロさんにご縁をいただいて半年、やっと堂島ロールを買って帰れるこの日がきました。
店を出るとすぐ、編プロのOさん(僕ら、空いてるときによく買いますよ、と自慢されていた)に、「堂島ロール買えましたよ!」とメール。さらに、研究室で路線図と格闘する地図師さんにも、よろこびの報告電話。


帰ると、地図師さんがウキウキとコーヒーをいれてくれました。
ふわっふわのロールに、ふわっふわのクリームがたっぷり。ロマンチックな甘さに魅了されました。甘いものって、いいなあ。甘いってこういうことなのだよなあとしみじみ思いました。


あ、編プロのOさんから返信が。

「意外とミーハーっすね」


モンシュシュ
http://www.mon-chouchou.com/

(研究員1号)
[PR]
by mapdesign | 2008-07-01 00:19 | おやつ

天塩商会公認 揚げぱん

c0141005_033149.jpg


現在、大ヒット上映中の三谷幸喜監督の『マジックアワー』の関連商品のひとつです。ファミリーマート限定販売。揚げぱんというか、きなこ付きねじりドーナツです。しっとりしていておいしいです。

映画館で三谷さんの作品を観るのは初めてでしたが、やっぱり大きいスクリーンで観るのはいいですね。まだ観ていない方は、ぜひ劇場に行って笑って来てください。笑いすぎて涙でてきます。


三谷幸喜好きの方におすすめは、ブルータスの6/15号の三谷幸喜特集です。三谷幸喜失踪事件!? 失踪した三谷さんを探しながら、関係ある人にインタビューしたり、過去の作品を紹介したりというなるほどな構成になっています。


BRUTUS (ブルータス) 2008年 6/15号 [雑誌]
[PR]
by mapdesign | 2008-06-24 00:15 | おやつ

緑壽庵清水 金平糖

c0141005_11532465.jpg


緑壽庵 清水さんの手作り金平糖。日本で一軒だけの金平糖の専門店。左京区にお店はあるのですが、僕は京都駅の伊勢丹で買いました。とてもやさしい味がしておいしいです。

東京の知人にお土産として買ったのだけど、渡すのを忘れてしまって自分で食べてしまいました。
[PR]
by mapdesign | 2008-06-09 11:59 | おやつ

ふくさ

c0141005_21284024.jpg金沢のお菓子「ふくさ」です。

昨日大丸の特設コーナーで購入しました。独特の緑色にひかれて買ってみました。

卵を使った生地にあんこが包まれています。どらやきみたいな感じです。抹茶を点てたときの泡をイメージした和菓子で、昔からあるもののようです。

生地の触感とあんこのしっとり感がなかなか美味です。

金沢に行く際には、ぜひおひとつ。
[PR]
by mapdesign | 2008-04-24 21:36 | おやつ

おやつ

今日も、全然地図とも京都とも関係のないおやつの紹介です。

仕事をしていると、どうしても小腹が減ったり、口寂しくなり「おやつ」が必要になってきます。なるべくジャンキーじゃないものをと思い、黒糖やしょうが糖やおせんべいやお豆を食べたりしています。

今日は、無印で「オレンジのクグロフ」と「ほうじ茶とクランベリーのロールケーキ」を買いました。ほうじ茶とクランベリーという言葉の組み合わせがなんとも言えません。

c0141005_2115418.jpg



昨日セブンイレブンに行った際につい衝動買いをしてしまったのが、フランス直輸入ビスケット「メールプラー」です。ガレットとサブレとチョコビスケットを購入。パッケージも素朴でいい感じです。原材料も比較的シンプルでよさそうです。

c0141005_21134069.jpg


ちなみに2月28日はビスケットの日らしいです。それにしても「全国ビスケット協会」ってなんだか素敵ですね。
[PR]
by mapdesign | 2008-03-01 21:20 | おやつ